| HOME |    前のページ現在のページ次のページ
                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター・ウォーズ 新たなる希望 Star Wars Episode IV: A New Hope

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」13位
スター・ウォーズ/新たなる希望
原題:Star Wars / Episode IV: A New Hope(1977年)
star_wars.jpg
スター・ウォーズ 予告編/Star Wars trailer

[ガイド]
キネマ旬報1978年1月下旬正月特別号巻頭グラビア」より

1977年の5月、アメリカで公開されて以来、空前のブームを捲き起こし、「ジョーズ」の持つ興行記録をあっさりと更新してしまった「スター・ウォーズ」が、いよいよSFの年、'78年7月に日本に上陸する。
地球から数万光年離れた銀河系宇宙のとある惑星群。そこでは、独裁体制をしく“銀河帝国”の圧制よって人々は苦しめられていた。しかし、彼らに誘拐された姫のメッセージを受け取った一人の若者が、敢然と立ち上がり、仲間とともに帝国を壊滅すべく宇宙の旅に出る・・・。
監督は「アメリカン・グラフィティ」で若者の熱狂的支持を受けた弱冠33歳のジョージ・ルーカス。カット数だけでもあの「2001年宇宙の旅」の約10倍という特殊効果、精巧なロボットたち、など話題には事欠かない。
出演は、姫を救出するために立ち上がった若者にマーク・ハミル、彼に協力するかつての偉大なる戦士にアレック・ギネス。誘拐された姫にキャリー・フィッシャー、密輸船の船長にハリソン・フォード、銀河帝国の総統にピーター・カッシング。しかし出演者の中で一番人気を集めたのは、C-3POとR2-D2という名のロボットで、この凸凹コンビの珍妙なやり取りが受けに受けている。
1978年アカデミー賞で編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、録音賞、視覚効果賞を受賞
1978年度キネマ旬報ベストテン第9位


ハリソン・フォード&キャリー・フィッシャー記者会見」渡辺祥子/キネマ旬報1978年8月下旬号より

スター・ウォーズの主演二人、ハリソン・フォードとキャリー・フィッシャーの会見は7月11日帝国ホテルでおこなわれた。最初に質問が出たのは「スター・ウォーズ2」はどうなる?ということ。内容は「帝国の逆襲」でキャストは前作とほぼ同じ。2月にノルウェーとイギリスで撮影される、とフォードが答える。後にフォードに聞いたところによると「ルーカスとの契約で、しゃべれないことになっている」のだとか。
フィッシャーによれば、彼女とフォード、それにマーク・ハミルの3人は、ひと組、ワン・セットとして、アンサンブルの良さを基準に選ばれたそうで、その審査に立ち会ったのは、ルーカスと彼の親友ブライアン・デ・パルマ監督だった。


ミスター・グッドバー」と「スター・ウォーズ」/キネマ旬報1978年4月下旬号「小林信彦のコラム」より

「スター・ウォーズ」=で、うまいと思ったのは、ドラマの展開部のダレるところを字幕で説明して、いっきにアクションに入ったことだ。あとはアクションだけでつなげてゆくのだから、ダレようがない。二つのロボットが砂漠をとぼとぼ行く場面で、こんなシーンを観たことがあったな、と思った。黒沢明の「隠し砦の三悪人」のオープニング―千秋実と藤原釜足が腹をへらして歩いているシーンと同じ撮り方だ、とすぐに気づいた。こういう映画は、予備知識なしで、手ぶらで観たい。封切が遅れたから仕方ないが、情報過多と、五回観たとか八回観たとかいう<スター・ウォーズ評論家>(毒舌家、紀田順一郎氏の命名)たちの活躍にまどわされると、素直にたのしめなくなる。


監督:ジョージ・ルーカス
出演
マーク・ハミル:ルーク・スカイウォーカー
ハリソン・フォード:ハン・ソロ
キャリー・フィッシャー:レイア
アレック・ギネス:オビ=ワン・ケノービ
ピーター・カッシング:モフ・ターキン
アンソニー・ダニエルズ:C-3PO
ケニー・ベイカー:R2-D2
ピーター・メイヒュー:チューバッカ
Director:George Lucas
Cast
Mark Hamill:Luke Skywalker
Harrison Ford:Han Solo
Carrie Fisher:Princess Leia Organa
Peter Cushing:Grand Moff Tarkin
Alec Guinness:Ben Obi-Wan Kenobi
Anthony Daniels:C-3PO
Kenny Baker:R2-D2
Peter Mayhew:Chewbacca

地獄の黙示録 Apocalypse Now

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」30位
地獄の黙示録
原題:Apocalypse Now (1979年)
apocalypse_now.jpg
地獄の黙示録 予告編/Apocalypse Now trailer

[ガイド]

60年代末のベトナム。ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、失踪し現地人のカリスマとなってジャングル奥地に王国を築いているというカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺を密命される…。
ベトナム戦争映画の総決算的作品。ナパームの臭いを偏亨するキルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)が戦争の狂気を象徴している。
監督は「ゴッドファーザー」「カンバセーション 盗聴」のフランシス・フォード・コッポラ。撮影は「ラストタンゴ・イン・パリ」「1900年」のヴィットリオ・ストラーロ。
1979年アカデミー賞で撮影賞、音響賞を受賞。 1979年カンヌ国際映画祭で「ブリキの太鼓」と共にパルム・ドールを受賞。
1980年度キネマ旬報ベストテン第3位


和田誠:著 「お楽しみはこれからだ」より

「エクソシスト」で悪魔が憑いてからの少女の凄い形相は、封切前には公表されなかった。「E.T」も「グレムリン」も、その正体を明かすことをしない。期待を持たせるのである。それがアメリカの宣伝のあり方であり、日本ではせっかちに正体を見せたがる。「地獄の黙示録」でもそのことを感じた。カーツ大佐の坊主頭は本国では宣伝に使わなかったが日本では堂々とポスターに登場した。ウィラード大尉が河をさかのぼって出会う大佐がどんな人物か、映画をでもなかなか見せないのだから、ポスターで先にバラしてしまう手はないのに。「お楽しみ」を大切にするかしないか、お国柄の違いであろうか。
ウィラード(マーティン・シーン)は狂気のカーツ大佐(マーロン・ブランド)を殺すことを命じられて任務に向かうが、相手が同国人でしかも上官なので戸惑う。そして独白。
「この戦争で殺人罪を持ち出すのは、インディ500でスピード違反を取り締るのと同じだ」

途中で出会うキルゴア中佐(ロバート・デュバル)がこれまた狂気の人物で、こちらがあまりにも鮮やかに描かれているので、カーツの狂気ぶりが影が薄くなり、構成に難点があるような印象を与えてしまった。
ウィラードは最後にカーツに会う。大佐は大尉が刺客だと察知して言う。
「君は私を殺す権利はある。だが裁く資格はない」


監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演
マーロン・ブランド:カーツ大佐
マーティン・シーン:ウィラード大尉
ロバート・デュヴァル:キルゴア中佐
フレデリック・フォレスト:シェフ
ハリソン・フォード:ルーカス大佐
デニス・ホッパー:フォト・ジャーナリスト
Director:Francis Ford Coppola
Cast
Marlon Brando:Colonel Walter E. Kurtz
Martin Sheen:Captain Benjamin L. Willard
Robert Duvall:Lieutenant Colonel Bill Kilgore
Frederic Forrest:Jay 'Chef' Hicks
Harrison Ford:Colonel Lucas
Dennis Hopper:Photojournalist

白雪姫 Snow White and Seven Dwarfs

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」34位
白雪姫
原題:Snow White and Seven Dwarfs (1937年/日本公開:1950年)
snow_white_and_seven_dwarfs.jpg
白雪姫 予告編
Snow White and Seven Dwarfs trailer


[ガイド]

ウォルト・ディズニーが、4年の歳月をかけて製作した長編アニメーション第1作目で、世界初のカラー長編アニメーション映画。グリム兄弟の童話「白雪姫」が原作。


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

ディズニー最初の長編アニメ。七人の小人たちのキャラクターが実に面白く、彼らが唄う「ハイ・ホー」ほか八曲をちりばめたミュージカル構成でたいへんよく出来ている。色彩の美しさにも酔わされた。


製作:ウォルト・ディズニー
監督:デイヴィッド・ハンド
Produced by Walt Disney
Directed by David Hand

裏窓 Rear Window

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」48位
裏窓
原題:Rear Window (1954年)
rear_window.jpg
裏窓 予告編/Rear Window trailer

[ガイド]

足を骨折してアパートで療養しているカメラマンのジェフ(ジェームズ・ステュアート)は、退屈しのぎに窓から見える向いのアパートの様子を望遠鏡で眺めていたが・・・。
グレース・ケリー、レイ・ミランド主演の「ダイヤルMを廻せ!」に次ぐ、アルフレッド・ヒッチコック監督作品。
原作は「幻の女」「黒衣の花嫁」などのコーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)


淀川長治ONE POINT
「ビデオで観たい名画200選 淀川長治/佐藤有一:共著」より

実際ニューヨークに行くと裏窓が、うなずける。ホテルの裏通りの方の窓を開けると、もう目の前に向こうの建物の窓・窓・窓が手のとどくところに見えるのだ。
一度、マンハッタン150丁目あたりのホテルに泊まったとき、7階、8階、9階、その窓の中がまる見え。この映画の題名が「窓」ではない『裏窓』にものぞきのスリルがひそむ。しかも望遠鏡でのぞくや向こうの人物はわが目の真ん前、しかも会話はまったく聞こえない。巧みなヒッチコックの映画術!


Director:Alfred Hitchcock
Cast
James Stewart:L.B. 'Jeff' Jeffries
Grace Kelly:Lisa Carol Fremont
Raymond Burr:Lars Thorwald

JAWS ジョーズ Jaws

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」56位
JAWS ジョーズ
原題:Jaws(1975年)
jaws.jpg
JAWS ジョーズ 予告編/Jaws trailer

[ガイド]
グラビア巻頭特集スティーヴン・スピールバーグの「JAWS(ジョーズ)」
キネマ旬報1975年10月上旬秋の特別号より

「激突!」で我々の心臓をすさまじいショックでしめつけたスティーヴン・スピールバーグ監督が、「続・激突!カージャック」に次いで、今度は現在全米を熱狂に巻きこんでいる「JAWS(ジョーズ)」という新作を作った。
「ジョーズ」とは、直訳すれば「顎(アゴ)」である。一匹の巨大な人喰いザメが、夏のシーズンに、アメリカのある海辺の町に近い海を、襲う話である。「激突!」で小さな自家用自動車を襲った巨大なタンク・ローリーの何倍もの迫力を以て、歯をむき出したグレート・ホワイト・シャークが人間を襲うのである。
これを迎えうって、サメに戦いに挑むのが三人の男たちだ。「フレンチ・コネクション」「ザ・セブン・アップス」のロイ・シェーダーが演じる町の警察署長。「007/危機一発」「サブウェイ・パニック」「スティング」のロバート・ショーが扮するサメ獲り名人の漁師。そして「アメリカン・グラフィティ」「デリンジャー」のリチャード・ドレイファスが演じる、サメにくわしい海洋学者である。
原作はピーター・ベンチリーのベストセラー小説。そして今年27歳の気鋭の映画作家スティーヴン・スピールバーグは、アルフレッド・ヒッチコックの映画をうわまわるユニークなスリルとサスペンス表現で、われわれ観客のハートを、スクリーンの上に釘づけにする。
※当時は「スティーヴン・スピールバーグ」の表記だった
1976年アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞。
1975年度キネマ旬報ベストテン第10位


監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演
ロイ・シャイダー:マーティン・ブロディ署長
ロバート・ショウ:クイント
リチャード・ドレイファス:マット・フーパー
ロレイン・ゲイリー:ブロディ夫人
Director:Steven Spielberg
Cast
Roy Scheider:Chief Martin Brody
Robert Shaw:Sam Quint
Richard Dreyfuss:Matt Hooper
Lorraine Gary:Ellen Brody

チャップリンの黄金狂時代 The Gold Rush

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」58位
チャップリンの黄金狂時代
原題:The Gold Rush (1925年)
the_gold_rush.jpg
チャップリンの黄金狂時代 予告編
The Gold Rush trailer


[ガイド]

チャップリンが自ら選んだ代表的な10作品をリバイバル公開する“ビバ!チャップリン”シリーズが、1972年に始まり、日比谷・有楽座などで上映され、チャップリンの魅力を再認識させた。「黄金狂時代」はシリーズ第5弾として「犬の生活」と共に公開された。
「黄金狂時代」は、1925年に発表され、アラスカの金鉱で一攫千金を夢見る人々の欲望を、皮肉とユーモア、センチメンタリズムで描いた作品。
1958年ブリュッセル万博で、世界の映画批評家によるベストテン投票が行われ、第2位に選ばれる。チャップリン自身も最優秀監督に選出された。参考:キネマ旬報1974年7月上旬号


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

チャップリン映画の最高傑作というのが、今日では定説のようになっている。当然だろう。
娯楽性において、映画史に不朽の輝きをとどめることになった有名なギャグの連続なのである。
強風のため進もうにも進めない場面、小屋が転落しそうになのに知らずにいる場面、
靴を食べる場面、そう、靴ヒモをスパゲッティにみたてたあまりにも有名なギャグだ。


監督:チャールズ・チャップリン
出演
チャールズ・チャップリン
マック・スウェイン
トム・マレイ
ヘンリー・バーグマン
Director:Charles Chaplin
Cast
Charles Chaplin:The Lone Prospector
Mack Swain:Big Jim McKay
Tom Murray:Black Larsen
Henry Bergman:Hank Curtis

明日に向って撃て! Butch Cassidy and the Sundance Kid

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」73位
明日に向って撃て!
原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969年)
butch_cassidy_and_the_sundance_kid.jpg
明日に向って撃て! 予告編
Butch Cassidy and the Sundance Kid trailer


[ガイド]

1890年代のアメリカ西部に実在したアウトロー、ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)は、列車強盗を繰り返すが、鉄道会社から派遣された刺客に追いつめられる。二人は新天地を求め、サンダンスの彼女、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)と共に南米ボリビアへ向かうが・・・。
1969年のアカデミー賞では、音楽を担当したバート・バカラックが、作曲賞と「雨に濡れても」で主題歌賞を受賞。他に撮影賞、脚本賞を受賞している。
1970年度キネマ旬報ベストテン第4位


和田誠:著 「お楽しみはこれからだ 」より

「明日に向って撃て!」は西部劇的ニューシネマと申しますか、ずいぶん新しい感覚のウェスタンで、しかもウェスタンではあるがブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの二人組のギャングは、ニューヨークで遊んだりするし、最後にはボリビアまで行ってしまう。史実にもとづいてはいるのだろうが、そんな部分もウェスタンらしからぬところだ。ポール・ニューマンとレッドフォードのコンビも絶妙、なかなかの傑作であった。


監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演
ポール・ニューマン:ブッチ・キャシディ
ロバート・レッドフォード:サンダンス・キッド
キャサリン・ロス:エッタ
Director:George Roy Hill
Cast
Paul Newman:Butch Cassidy
Robert Redford:The Sundance Kid
Katharine Ross:Etta Place

羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」74位
羊たちの沈黙
原題:The Silence of the Lambs (1991年)
the_silence_of_the_lambs.jpg
羊たちの沈黙 予告編
The Silence of the Lambs trailer


[ガイド]
レクターとクラリスのエロチックな関係

物語の核となるのはFBI訓練生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)と人食い精神科医ハンニバルレ・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)との立場を超越した関係だ。
連続殺人事件の捜査協力を求めに来たクラリスに、レクターは見返りにクラリスの過去を教えろと迫る。貧しい家に生まれ、その境遇から逃れたいと願うクラリスの野心をレクターは一瞬で見抜く。
こうしてレクターは、クラリスの告白に耳を傾ける神父となり、専属の精神科医となり、彼女の知性の刺激剤となる。クローズアップが続く2人の対話シーンは恐怖をそそる一方で、奇妙なことにエロチックな親密さを漂わせている。ソムリエが年代物のワインの香りを楽しむように、クラリスの告白を味わうレクター。俳優なら是が非でも演じて見たい役だろう。ホプキンスも、この役を心底楽しんでいる。物静かで用心深く、どこか滑稽でどこまでも邪悪。精神を患った犯罪者像の傑作だ。
フォスターも引けを取らない入れ込みようだ。心のどこかで不安を感じ続けているクラリスを無駄の無い動きで演じ、守りも決心も固い彼女の心をのぞかせる。「羊たちの沈黙」は、近来まれにみる会心のスリラーだ。

「不朽の名作」にだまされるな ニューズウィーク日本版2009年5.6/13号より
1991年アカデミー賞で 作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞を受賞。
1991年度キネマ旬報ベストテン第2位


監督:ジョナサン・デミ
出演
ジョディ・フォスター:クラリス・スターリング
アンソニー・ホプキンス:ハンニバル・レクター
スコット・グレン:クロフォード主任捜査官
テッド・レヴィン:バッファロー・ビル
Director:Jonathan Demme
Cast
Jodie Foster:Clarice Starling
Anthony Hopkins:Dr. Hannibal Lecter
Scott Glenn:Jack Crawford
Ted Levine:Jame 'Buffalo Bill' Gumb

ベン・ハー Ben Hur

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」100位
ベン・ハー
原題:Ben Hur (1959年)
ben_hur.jpg
ベン・ハー 予告編/Ben Hur trailer

[ガイド]

エルサレムに生まれたベン・ハー(チャールトン・ヘストン)は、反逆罪に問われるが、後にローマ最高の剣闘士、戦車操縦者となる。そして幼な友達で宿敵のメッセラ(スティーブン・ボイド)と対決する・・・。
製作費は1500万ドル。ヨーロッパ最大規模の撮影所、イタリアのチネチッタ・スタジオで撮影された。
1959年度アカデミー賞11部門受賞(作品・監督・主演男優・助演男優・撮影・美術・音楽・編集・特殊効果・録音・衣装デザイン)


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

1926年の『ベン・ハー』(監督フレッド・ニブロ)は黒白サイレントであったが、戦車競争の場面が大評判となり、少年だったぼくも手に汗を握らされた。
今回はワイラー監督の70ミリ色彩の超豪華版である。エルサレムの富豪の息子ベン・ハー(ヘストン)と、その旧友であるローマ帝国駐留軍司令官メッサラ(ボイド)の宿命の対決。海戦での奮戦、剣闘士としての活躍、凱旋、と波瀾万丈で見せ場たっぷり。そしてついに戦車競争。こちらの『ベン・ハー』はオトナになって見たが、やはり大いに満足させられた。


監督:ウィリアム・ワイラー
音楽:ミクロス・ローザ
出演
チャールトン・ヘストン:ジュダ=ベン・ハー
ジャック・ホーキンス:クインタス・アリウス
ハイヤ・ハラリート:エスター
スティーブン・ボイド:メッセラ
Director:William Wyler
Original Music by Miklós Rózsa
Cast
Charlton Heston:Judah Ben-Hur
Jack Hawkins:Quintus Arrius
Haya Harareet:Esther
Stephen Boyd:Messala

007/ロシアより愛をこめて From Russia With Love

007/ロシアより愛をこめて(旧題:007 危機一発)
原題:From Russia With Love (1963年)
from_russia_with_love.jpg
ロシアより愛をこめて 予告編
From Russia With Love trailer

[ガイド]

国際犯罪組織スペクターは、宿敵ジェームス・ボンド(ショーン・コネリー)の暗殺を計画。暗号解読機と美女タチアナ(ダニエラ・ビアンキ)を呼び水に、ボンドをイスタンブールへ誘い出す。オリエント急行の薄暗い個室の中で見せる、ロバート・ショウ扮する殺し屋との激しい死闘は手に汗握る名場面。
007シリーズの第2作。監督は第1作「ドクター・ノオ(旧題:007は殺しの番号)」に続いてテレンス・ヤングが担当。


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

<事件>国際陰謀団スペクターの罠と知りつつ、ソ連の暗号解読機奪取をめざしたボンドも、最強の殺し屋や老女スパイの毒バリに襲われ絶対絶命。
<審理>
検事「こんなに面白くては殺人を真似する連中が激増する」。
弁護士「原作者、製作者、脚本家、監督、主演俳優、みんなブタ箱にぶちこめばいいでしょ。次作がみられなくなるけど」。
検事「ソ連にビアンキみないなお色気美人がいるか?」。
弁護士「実はイタリア産でして」。
<判決>ゴキゲン冒険活劇と認む。


監督:テレンス・ヤング
出演
ショーン・コネリー:ジェームズ・ボンド
ダニエラ・ビアンキ:タチアナ・ロマノワ
ロバート・ショウ:レッド・グラント
ペドロ・アルメンダリス:ケリム・ベイ
Director:Terence Young
Cast
Sean Connery:James Bond
Daniela Bianchi:Tatiana Romanova
Pedro Armendariz:Kerim Bey
Robert Shaw:Red Grant

ダイ・ハード Die Hard

ダイ・ハード
原題:Die Hard (1988年)

ダイ・ハード 予告編/Die Hard trailer
[ガイド]

日系企業のハイテクビルがハンス(アラン・リックマン)率いるテロリストらに占拠され、偶然居合わせたマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)がテロリストと息詰まる戦いを繰り広げる。
監督は「プレデター」のジョン・マクティアナン。撮影は後に「スピード」を監督するヤン・デ・ボン。
1989年度キネマ旬報ベストテン第1位


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

クリスマス。ニューヨークからロスへ、高層ビルでのパーティーに出席中の妻に会いに来たウイリス刑事が別室にいる間に、ビルはテロリストに乗っ取られる。ビルは閉じられ外部からは手の打ちようがなく、豪力無双でも不死身でもないウィルスが単身凶悪な敵と対決するハメに。
ボヤキと緊迫場面のつみ重ねで、スケールの大きな見せ場やアイデアもたっぷり。マクティアナン監督やっとるね、とニコニコさせられる。近頃のアクション映画のアクション映画では出色の約二時間。


監督:ジョン・マクティアナン
出演
ブルース・ウィリス:ジョン・マクレーン
アラン・リックマン:ハンス・グルーバー
ボニー・ベデリア:ホリー・ジェネロ・マクレーン
レジナルド・ヴェルジョンソン:アル・パウエル巡査
Director:John McTiernan
Cast
Bruce Willis:Officer John McClane
Alan Rickman:Hans Gruber
Bonnie Bedelia:Holly Gennaro McClane
Reginald VelJohnson:Sgt. Al Powell
カテゴリ
検索フォーム
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
応援宜しくお願いします。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

movieposter

Author:movieposter
問合せ
movieposter@ayaiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。