HOME > スポンサー広告 > title - 地獄の黙示録 Apocalypse NowHOME > 戦争ドラマ > title - 地獄の黙示録 Apocalypse Now
                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の黙示録 Apocalypse Now

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」30位
地獄の黙示録
原題:Apocalypse Now (1979年)
apocalypse_now.jpg
地獄の黙示録 予告編/Apocalypse Now trailer

[ガイド]

60年代末のベトナム。ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、失踪し現地人のカリスマとなってジャングル奥地に王国を築いているというカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺を密命される…。
ベトナム戦争映画の総決算的作品。ナパームの臭いを偏亨するキルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)が戦争の狂気を象徴している。
監督は「ゴッドファーザー」「カンバセーション 盗聴」のフランシス・フォード・コッポラ。撮影は「ラストタンゴ・イン・パリ」「1900年」のヴィットリオ・ストラーロ。
1979年アカデミー賞で撮影賞、音響賞を受賞。 1979年カンヌ国際映画祭で「ブリキの太鼓」と共にパルム・ドールを受賞。
1980年度キネマ旬報ベストテン第3位


和田誠:著 「お楽しみはこれからだ」より

「エクソシスト」で悪魔が憑いてからの少女の凄い形相は、封切前には公表されなかった。「E.T」も「グレムリン」も、その正体を明かすことをしない。期待を持たせるのである。それがアメリカの宣伝のあり方であり、日本ではせっかちに正体を見せたがる。「地獄の黙示録」でもそのことを感じた。カーツ大佐の坊主頭は本国では宣伝に使わなかったが日本では堂々とポスターに登場した。ウィラード大尉が河をさかのぼって出会う大佐がどんな人物か、映画をでもなかなか見せないのだから、ポスターで先にバラしてしまう手はないのに。「お楽しみ」を大切にするかしないか、お国柄の違いであろうか。
ウィラード(マーティン・シーン)は狂気のカーツ大佐(マーロン・ブランド)を殺すことを命じられて任務に向かうが、相手が同国人でしかも上官なので戸惑う。そして独白。
「この戦争で殺人罪を持ち出すのは、インディ500でスピード違反を取り締るのと同じだ」

途中で出会うキルゴア中佐(ロバート・デュバル)がこれまた狂気の人物で、こちらがあまりにも鮮やかに描かれているので、カーツの狂気ぶりが影が薄くなり、構成に難点があるような印象を与えてしまった。
ウィラードは最後にカーツに会う。大佐は大尉が刺客だと察知して言う。
「君は私を殺す権利はある。だが裁く資格はない」


監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演
マーロン・ブランド:カーツ大佐
マーティン・シーン:ウィラード大尉
ロバート・デュヴァル:キルゴア中佐
フレデリック・フォレスト:シェフ
ハリソン・フォード:ルーカス大佐
デニス・ホッパー:フォト・ジャーナリスト
Director:Francis Ford Coppola
Cast
Marlon Brando:Colonel Walter E. Kurtz
Martin Sheen:Captain Benjamin L. Willard
Robert Duvall:Lieutenant Colonel Bill Kilgore
Frederic Forrest:Jay 'Chef' Hicks
Harrison Ford:Colonel Lucas
Dennis Hopper:Photojournalist

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
応援宜しくお願いします。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

movieposter

Author:movieposter
問合せ
movieposter@ayaiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。