HOME > スポンサー広告 > title - ティファニーで朝食を Breakfast At Tiffany'sHOME > ラブストーリー > title - ティファニーで朝食を Breakfast At Tiffany's
                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティファニーで朝食を Breakfast At Tiffany's

ティファニーで朝食を
原題:Breakfast At Tiffany's (1961年)
breakfast_at_tiffanys
ティファニーで朝食を 予告編
Breakfast At Tiffany's trailer

[ガイド]

猫と暮らすホリー(オードリー・ヘップバーン)は、貧しいが豪華なものが好きな一風変わった女性。同じアパートに住む自称作家のポール(ジョージ・ペパード)は、妖精のようなホリーの魅力にひかれるが・・・。
ニューヨーク5番街の宝石店ティファニーの前でオードリー・ヘップバーンがパンをかじる場面は、様々な映画やドラマで使われる名シーン。
原作はトルーマン・カポーティの小説。音楽はヘンリー・マンシーニが担当、ヘプバーンが歌った挿入歌「ムーン・リバー」は、1962年アカデミー賞で歌曲賞を受賞。ヘプバーンの衣装はジバンシーが担当した。


横森理香/永遠不滅の胸キュン映画
「My Fair Audrey この映画のオードリーが好き!」キネマ旬報1993年3月下旬号より

私のベストスリーは
①「ティファニーで朝食を」
②「パリの恋人」
③「ローマの休日」
①はなんてったって原作が大好きなトルーマン・カポーティーだから。ま、原作と映画は結末がだいぶ違うけど、彼の超お洒落でコミカルでロマンティックなセンスは全篇ばりばりに出てると思う。
舞台が大好きなニューヨークって街であること、オードリーのファッションやライフスタイルもポイント大で、これはお洒落な女の子とオカマたちの永遠の胸キュン映画なのだ。


監督:ブレイク・エドワーズ
出演
オードリー・ヘップバーン:ホリー・ゴライトリー
ジョージ・ペパード:ポール・バージャック
Director:Blake Edwards
Cast
Audrey Hepburn:Holly Golightly
George Peppard:Paul 'Fred' Varjak
Costume and Wardrobe Department
Hubert de Givenchy:gowns: Miss Hepburn

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
応援宜しくお願いします。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

movieposter

Author:movieposter
問合せ
movieposter@ayaiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。