HOME > CATEGORY - ドラマ
                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民ケーン Citizen Kane

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第1位
市民ケーン
原題:Citizen Kane (1941年)
citizen_kane.jpg
市民ケーン 予告編/Citizen Kane trailer

[ガイド]

「バラのつばみ」という謎の言葉を残して死んだ新聞王チャールズ・フォスター・ケーン(オーソン・ウェルズ)の生前を、ニュース映画社の記者が取材するうちにケーンの実像に迫ってゆく・・・。
オーソン・ウェルズの映画デビュー作で、監督・製作・脚本・主演を務めている。画面全体にフォーカスを合わせるパン・フォーカスの手法を生み出した。
1941年アカデミー賞で脚本賞を受賞。
1966年度キネマ旬報ベストテン第2位


和田誠:著 「お楽しみはこれからだ」より

「バラのつぼみ」
「市民ケーン」より、あまりにも有名なチャールズ・フォスター・ケーンの最後の言葉。
最後の言葉として有名なのはゲーテの「もっと光を」などがあるが、ケーンは実在の人物ではない。
映画が創作した人物の最後の言葉がこれほど有名だということは、この映画がよくできていた
ということ以外に、ファンは観る前からこのセリフその他もろもろこの映画について知識をもっていた、
つまりそれほど伝説的な作品であったわけである。


監督:オーソン・ウェルズ
出演
オーソン・ウェルズ:チャールズ・フォスター・ケーン
ジョゼフ・コットン:ジェデッドアイア・リーランド
ドロシー・カミンゴア:スーザン・アレキサンダー・ケーン
アグネス・ムーアヘッド:ケーン夫人
Director:Orson Welles
Cast
Orson Welles:Charles Foster Kane
Joseph Cotten:Jedediah Leland
Dorothy Comingore:Susan Alexander Kane
Agnes Moorehead:Mary Kane
スポンサーサイト

ゴッドファーザー The Godfather

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第2位
ゴッドファーザー
原題:The Godfather (1972年)

ゴッドファーザー 予告編/The Godfather trailer

[ガイド]

原作は1969年に発表されたマリオ・プーヅォ(※当時の表記)の「ゴッドファーザー」で、1600万部を超えるベストセラー。ゴッドファーザーは名付け親という意味を持ち、この作品ではニューヨーク一帯に勢力を持つマフィア"ドン・コルレオーネ"一家の家長の名称として使われている。
監督は「雨のなかの女」のフランシス・フォード・コッポラ。撮影は「コールガール」のゴードン・ウィリス。音楽は「太陽がいっぱい」「ロミオとジュリエット」のニーノ・ロータ
1972年アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚色賞を受賞
※主演男優賞を受賞したマーロン・ブランドは“ハリウッドにおける先住民をはじめとした少数民族に対する人種差別への抗議”を理由に受賞を拒否した。
1972年度キネマ旬報ベストテン第8位


双葉十三郎:著 「外国映画ぼくの500本」より

この映画がアメリカでたいへんな話題になり記録的な大当たりをとったのは、実在するマフィアのおそるべき内情と家族愛とをがっちりと描いた映画だからであろう。ニューヨークマフィアの最も有力なドン、ブランドの肉親に対する愛情や郎党への温情はたいへん深いが、敵への接し方は酷薄である。殺し合いの抗争のなか、ブランドは後継者を定め、自身は孫娘と遊びながらおだやかに死ぬ。コッポラは殺傷場面を強調せずにこのような<家庭の事情>をじっくり描いている。ニーノ・ロータの主題曲よろし。


監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演
マーロン・ブランド:ドン・ヴィトー・コルレオーネ
アル・パチーノ:マイケル・コルレオーネ
ジェームズ・カーン:サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ
ロバート・デュヴァル:トム・ヘイゲン
ダイアン・キートン:ケイ・アダムス
Director:Francis Ford Coppola
Cast
Marlon Brando:Don Vito Corleone
Al Pacino:Michael Corleone
James Caan:Santino 'Sonny' Corleone
Robert Duvall:Tom Hagen
Diane Keaton:Kay Adams

レイジング・ブル Raging Bull

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第4位
レイジング・ブル
原題:Raging Bull (1980年)
raging_bull.jpg
レイジング・ブル 予告編/Raging Bull trailer

[ガイド]

その闘いぶりから「怒れる牡牛(Raging bull)」と呼ばれた実在の世界ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタの半生を本人の自伝を基に映画化。ラモッタを演じたロバート・デ・ニーロは、引退後のシーンのため体重を25キロ増やした。
監督は「アリスの恋」「タクシードライバー」のマーティン・スコセッシ。撮影は「さらば冬のかもめ」「タクシードライバー」のマイケル・チャップマン。1981年アカデミー賞で主演男優賞と編集賞を受賞。
1981年度キネマ旬報ベストテン第6位


高倉健 デ・ニーロの魅力を語る」:キネマ旬報1981年3月下旬号より

すごい…いや、すさまじい…。
アメリカでも、そうそうは出来る作品じゃないでしょう。全篇うたれっ放しって感じで、何回観てもマイってしまう。今日で七回目なんですよ!
この作品は哀しすぎて、ホッと出来ないでしょ。それでも惹かれる、強烈に感じるんです。
デ・ニーロって人は、作品ごとに、すごいなって感じさせられちゃうんだけど、ここまでやっちゃうと、キツイんじゃないかって気がするな。観る側は、もっと、もっと、この次は何をって期待しますからね。b
アカデミー賞は獲れるんじゃないですか。ここまでやれる人は、そうはいませんよ。肉体的なものだけじゃなくてね。役にのめり込んでる。


監督:マーティン・スコセッシ
出演
ロバート・デ・ニーロ:ジェイク・ラモッタ
キャシー・モリアーティ:ビッキー・ラモッタ
ジョー・ペシ:ジョーイ・ラモッタ
Director:Martin Scorsese
Cast
Robert De Niro:Jake La Motta
Cathy Moriarty:Vickie La Motta
Joe Pesci:Joey

風と共に去りぬ Gone with the Wind

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第6位
風と共に去りぬ
原題:Gone with the Wind (1939年)
gone_with_the_wind_japanese_style.jpg gone_with_the_wind-2.jpg
風と共に去りぬ 予告編/Gone with the Wind trailer
[ガイド]

マーガレット・ミッチェルのベストセラー小説の映画化。プロデューサーのデイヴィッド・O・セルズニックは、空前の制作費と3年の歳月をかけて完成させた。南北戦争を舞台にスカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)とレット・バトラー(クラーク・ゲーブル)の愛を描いた不朽の名作。
1939年アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚色賞、色彩撮影賞、美術監督賞、編集賞、サルバーグ記念賞、特別賞の10部門で受賞した。


心に残る映画スター・ベスト10洋画・女優篇/文・品田雄吉
「文芸春秋SPECIAL 映画が人生を教えてくれた」より

ヴィヴィアン・リー
恋人のローレンス・オリヴィエを追ってアメリカに渡り、それがきっかけで「風と共に去りぬ」のスカーレット役を得るにいたった話はすでに伝説となっている。そして、映画史上最高のメロドラマと言える「風と共に去りぬ」で、ヒロインのスカーレットを熱く演じ切って、不滅の名を残すことになった。細い肢体ながら、瞳に燃えるような情熱を輝かせていた。出演作はそれほど多くないのに、「風と共に去りぬ」と「欲望という名の電車」で、二度もアカデミー主演女優賞を受けているのはさすがといっていいのだろう。


監督:ヴィクター・フレミング
製作:デヴィッド・O・セルズニック
出演
ヴィヴィアン・リー:スカーレット・オハラ
クラーク・ゲーブル:レット・バトラー
レスリー・ハワード:アシュレイ・ウィルクス
オリヴィア・デ・ハヴィランド:メラニー・ハミルトン
トーマス・ミッチェル:ジェラルド・オハラ
Directors:Victor Fleming
producer:David O. Selznick
Cast
Vivien Leigh:Scarlett
Clark Gable:Rhett Butler
Leslie Howard:Ashley
Olivia de Havilland:Melanie Hamilton
Thomas Mitchell:Gerald O'Hara

アラビアのロレンス Lawrence of Arabia

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第7位
アラビアのロレンス
原題:Lawrence of Arabia (1962年)
lawrence_of_arabia.jpg
アラビアのロレンス 予告編/Lawrence of Arabia trailer

[ガイド]

第一次世界大戦下、イギリス陸軍将校のロレンス(ピーター・オトゥール)は、アラブ人のトルコからの独立闘争を支援する。独自のゲリラ戦を用いてアラブ反乱軍を指揮するロレンスは、英雄と称えられるが・・・。
監督は「戦場にかける橋」のデヴィッド・リーン。撮影は「007は二度死ぬ」「ライアンの娘」のフレデリック・A・ヤング。音楽は「史上最大の作戦」のモーリス・ジャール。
1963年アカデミー賞で作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、録音賞の7部門で受賞。
1963年度キネマ旬報ベストテン第1位


淀川長治ONE POINT
「ビデオで観たい名画200選 淀川長治/佐藤有一:共著」より

イギリスのデヴィッド・リーン監督によりこのロレンス自伝ついに映画となった。軍人に不向きの彼、ホモセクシャルのロレンスが、世の中、最高のものこそアラビアの太陽、アラビアの砂漠、その汚れなき砂、そう思う多血純情が彼を軍人の神とした。
その彼の死の葬儀から始まるこの映画、ロレンスは英雄か俗物か。映画は壮麗なる音楽のもとにロレンスの人間像を追及する。
ピーター・オトゥールのロレンスこそは彼生涯の名誉大役。


監督:デヴィッド・リーン
出演
ピーター・オトゥール:ロレンス
アレック・ギネス:ファイサル王子
オマー・シャリフ:アリ酋長
アンソニー・クイン:アウダ・アブ・タイ
Director:David Lean
Cast
Peter O'Toole:T.E. Lawrence
Alec Guinness:Prince Feisal
Anthony Quinn:Auda Abu Tayi
Omar Sharif:Sherif Ali
カテゴリ
検索フォーム
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
応援宜しくお願いします。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

movieposter

Author:movieposter
問合せ
movieposter@ayaiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。