HOME > CATEGORY - ラブストーリー
                

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カサブランカ Casablanca

'2007 AFI「偉大なアメリカ映画ベスト100」第3位
カサブランカ
原題:Casablanca (1942年)
casablanca.jpg
カサブランカ 予告編/Casablanca trailer
[ガイド]

第二次世界大戦中のフランス領モロッコの首都カサブランカ。酒場の経営者リック(ハンフリー・ボガート)は、かつての恋人イルザ(イングリッド・バーグマン)と再会する。昔の愛がよみがえるのだが・・・。
夜の空港で夫と旅立つイングリッド・バーグマンの美しさ、それを見送るハンフリー・ボガートの男の哀愁が魅力的。
1943年アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞を受賞した。


和田誠:著 「お楽しみはこれからだ」より

「ゆうべどこにいたの?」
「そんなに昔のことは憶えてないね」
「今夜会ってくれる?」
「そんなに先のことはわからない」
これはハンフリー・ボガートが女につれなくしているセリフ。映画「カサブランカ」。この会話のごとく「カサブランカ」のボガートはニヒルの権化ようにふるまっている。彼はカブランカで酒場兼賭博場を経営していて、そこにフランス人の警察署長、クロード・レインズが夜な夜なあらわれるのだが、署長はボガートを「君は本当はセンチメタリストだ」と見抜いているのである。


監督:マイケル・カーティス
出演
ハンフリー・ボガート:リック
イングリッド・バーグマン:イルザ
ポール・ヘンリード:ビクター
クロード・レインズ:ルノー署長
ピーター・ローレ:ウーガーテ
ドーリー・ウィルソン:サム
Director:Michael Curtiz
Cast
Humphrey Bogart:Rick Blaine
Ingrid Bergman:Ilsa Lund
Paul Henreid:Victor Laszlo
Claude Rains:Captain Renault
Peter Lorre:Ugarte
Dooley Wilson:Sam
スポンサーサイト

ティファニーで朝食を Breakfast At Tiffany's

ティファニーで朝食を
原題:Breakfast At Tiffany's (1961年)
breakfast_at_tiffanys
ティファニーで朝食を 予告編
Breakfast At Tiffany's trailer

[ガイド]

猫と暮らすホリー(オードリー・ヘップバーン)は、貧しいが豪華なものが好きな一風変わった女性。同じアパートに住む自称作家のポール(ジョージ・ペパード)は、妖精のようなホリーの魅力にひかれるが・・・。
ニューヨーク5番街の宝石店ティファニーの前でオードリー・ヘップバーンがパンをかじる場面は、様々な映画やドラマで使われる名シーン。
原作はトルーマン・カポーティの小説。音楽はヘンリー・マンシーニが担当、ヘプバーンが歌った挿入歌「ムーン・リバー」は、1962年アカデミー賞で歌曲賞を受賞。ヘプバーンの衣装はジバンシーが担当した。


横森理香/永遠不滅の胸キュン映画
「My Fair Audrey この映画のオードリーが好き!」キネマ旬報1993年3月下旬号より

私のベストスリーは
①「ティファニーで朝食を」
②「パリの恋人」
③「ローマの休日」
①はなんてったって原作が大好きなトルーマン・カポーティーだから。ま、原作と映画は結末がだいぶ違うけど、彼の超お洒落でコミカルでロマンティックなセンスは全篇ばりばりに出てると思う。
舞台が大好きなニューヨークって街であること、オードリーのファッションやライフスタイルもポイント大で、これはお洒落な女の子とオカマたちの永遠の胸キュン映画なのだ。


監督:ブレイク・エドワーズ
出演
オードリー・ヘップバーン:ホリー・ゴライトリー
ジョージ・ペパード:ポール・バージャック
Director:Blake Edwards
Cast
Audrey Hepburn:Holly Golightly
George Peppard:Paul 'Fred' Varjak
Costume and Wardrobe Department
Hubert de Givenchy:gowns: Miss Hepburn

トップガン Top Gun

トップガン Top Gun
原題:Top Gun (1986年)
topgun.jpg
トップガン 予告編/Top Gun trailer

[ガイド]

アメリカ空軍の超エリートパイロット養成学校“トップガン”を舞台に、自分のミスから親友を死なせてしまったマーヴェリック(トム・クルーズ)が精神的にも真のエリートに成長していく。女性教官チャーリー(ケリー・マクギリス)とのラブロマンス、大迫力のインド洋上でのF14トムキャット対ミグのドッグファイトも見どころ。
ベルリンの歌う「Teke My Breath Away」は、アカデミー主題歌賞を受賞。


西森マリー/新天地開拓のサントラを携えた爽快な青春映画」キネマ旬報1986年11月上旬号より

「トップガン」のサントラは、担当したアーチストたちが特定の画面を見せられてそれに音をつけたわけではなく、シノプシスと大まかなガイドラインだけを与えられて、それをもとに“個人の趣味”で曲を作るという方法がとられたのだそうです。そのため、どの曲も映画のワン・シーンにピッタリ合ってはいるものの、決して画面に埋没せずに、一曲、一曲が画像なしでも独立した作品として聞く人に語りかけてくるのです。
もちろん映像と音楽が巧みにお互いを盛り上げ合っているのも事実で、息をのむエアロバティクス・シーンに流れる「デンジャー・ゾーン」や、ラヴ・シーンに流れるベルリンの「テイク・マイ・ブレス・アウェイ」などは歌詞がそのまま耳ざわりにならない程度の状況説明となっていて、エキサイティングなシーンをよりエキサイティングに、美しいシーンをより美しく演出するのに一役かっています。


監督:トニー・スコット
出演
トム・クルーズ:マーヴェリック
ケリー・マクギリス:チャーリー
ヴァル・キルマー:アイスマン
Director:Tony Scott
Cast
Tom Cruise:Maverick
Kelly McGillis:Charlie
Val Kilmer:Iceman
カテゴリ
検索フォーム
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 映画ブログ アメリカ映画へ
にほんブログ村
応援宜しくお願いします。
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
プロフィール

movieposter

Author:movieposter
問合せ
movieposter@ayaiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。